かんのん日記

主に旅行記です。

埼玉県深谷市血洗島へ

緊急事態宣言がやっと解除された。

今日は、台風一過の澄み渡った青空の下、大河ドラマ「青天を衝け」で知った渋沢栄一翁の生誕の地、血洗島へ行ってみることにした。

f:id:kannonta:20211002204821j:image

深谷駅は、深谷産のレンガで作られた東京駅をモチーフにしたレトロな駅舎だ。

f:id:kannonta:20211002204958j:image

駅構内も渋沢栄一だらけでテンションが上がる!

早速、深谷大河ドラマ館まで歩いて向かった。

f:id:kannonta:20211002205334j:image

途中、深谷城址公園という案内に目が止まった。

観光名所マップには、

深谷城は、戦国時代に深谷上杉氏によって作られた平城で、自然の低湿地を利用した難攻不落の城でした。江戸時代な初めに廃城となるまで200年以上にわたり深谷の中心であり続けました。」

と記載されている。

なかなか興味深い場所だが、今日は渋沢栄一ゆかりの地を巡るのが主目的なので素通り。

f:id:kannonta:20211002210426j:image

深谷駅から約1キロ歩き、深谷公民館に到着。

ここが、渋沢栄一青天を衝け深谷大河ドラマ館(入館料800円。ただし、駅の案内所では720円で購入できた)。

天気がいい。そして非常に暑い💦

深谷市のイメージキャラクター(ゆるキャラ)のふっかちゃん渋沢栄一さんがお迎えしてくれている。

f:id:kannonta:20211002212335j:image

渋沢栄一が生まれ育った家のセット。

父•渋沢市郎右衛門(小林薫さん)が奥にいる!

館内には出演者の皆さんのサイン色紙が飾られており、ドラマの一視聴者として非常に楽しめた。

f:id:kannonta:20211002213339j:image

論語の里循環バス(1日乗車券500円)を待つ間、あまりに大きな1万円札に目がひかれたので撮影。

3年後に発行される新1万円札だ。

この1万円札の印刷が先月9月1日から始まったらしい。

f:id:kannonta:20211002215339j:image

さあ、バスに乗って論語の里周辺に参りますか。

f:id:kannonta:20211002215643j:image

尾高惇忠生家(おだかじゅんちゅうせいか)

富岡製糸場初代総長であり、渋沢栄一のいとこで、ドラマでは田辺誠一さんが演じる尾高惇忠の生家だ。

岡田健史さんが演じた渋沢平九郎もここで生まれた。

新型コロナウイルス感染症のため、中の見学はできなかったが、4日から見学再開と警備員さんに教えてもらった。

今日は外観から見学させていただいた。

f:id:kannonta:20211002220516j:image

主屋裏にはレンガ倉庫も残っている大きなお屋敷だ。

f:id:kannonta:20211002220641j:image

こちらは、尾高邸のある下手計村(しもてばかむら)の鎮守である。

f:id:kannonta:20211002221140j:image

渋沢栄一謹書の「鹿島神社

境内には、尾高惇忠の業績を伝える巨大な藍香尾高翁頌徳碑があり、題字は徳川慶喜とのこと。

鹿島神社から徒歩約10分の所に、渋沢栄一記念館が見えてきた。

f:id:kannonta:20211002221710j:image

1995(平成7)年に開館した。入館無料。

f:id:kannonta:20211002221928j:image

事前予約で渋沢栄一アンドロイドの8分間講演を受講した。

「道徳経済合一説」について、ついウトウトしてしまった💦

f:id:kannonta:20211002222416j:image

身長153センチの渋沢先生。このアンドロイドは70代とのこと。

深谷市出身のドトールコーヒー名誉会長の寄付により製作され、制作費用は4000万円。

アンドロイドをきっかけに、渋沢栄一翁の功績をさらに多くの人に知ってもらいたいという気持ちで1億円を寄付されたそうだ。

とてもチャーミングなアンドロイドでした。

f:id:kannonta:20211002222929j:image

記念館の屋外には、巨大な渋沢栄一翁がおられた。

f:id:kannonta:20211002223012j:image

巨大な渋沢栄一翁がご覧になっているのがこちらの景色。渋沢栄一の雅号「青淵」(せいえん)を冠した青淵公園として整備されている。

バッタがたくさん飛ぶのどかな公園だ。

f:id:kannonta:20211002224110j:image

この公園の案内に従い、歩いて旧渋沢邸「中の家」(なかんち)へ向かった。

f:id:kannonta:20211002225019j:image

中の家に到着した。

f:id:kannonta:20211002224441j:image

埼玉県指定旧跡「渋沢栄一生地」だ。

f:id:kannonta:20211002224544j:image

こちらには、80代の渋沢栄一翁がおられた。

翁は享年91歳である。

こちらも立派なお屋敷で、土蔵が4つもあった。

f:id:kannonta:20211002225111j:image

こちらには、渋沢平九郎追懐碑があった。

飯能戦争で若干22歳で亡くなった渋沢平九郎は、渋沢栄一の養子。幕末のイケメンと言われた。岡田健史さん演じる平九郎は確かにイケメンだ。

f:id:kannonta:20211002225715j:image

中の家そばにある、麺屋忠兵衛。

渋沢栄一が好んで食べた「煮ぼうとう」がたべられる。

「煮ぼうとう」は、深谷ネギや大根•白菜•ニンジンなどの野菜がたっぷり入った、しょうゆ味のうどんで、深谷に伝わる郷土料理だ。

古民家の当店でいただく気満々で伺ったが、営業が14時までのため、入店できなかった。

ランチも食べずに色々見て回っており、ここで15時半を過ぎていた💦

f:id:kannonta:20211002230312j:image

論語の里循環バスに乗って、道の駅おかべで下車。

f:id:kannonta:20211002231452j:image

自販機がふっかちゃんだ。

f:id:kannonta:20211002230437j:image

道の駅の食堂「そば蔵」で待望の煮ぼうとう(1265円)をいただいた。

お新香と深谷ネギのかき揚げもついてきた。

煮ぼうとうは野菜たっぷりで熱々。美味しい。

かき揚げのネギも柔らかくて熱々。こちらも非常に美味しかった。お腹いっぱい。

f:id:kannonta:20211002230902j:image

深谷では、11月23日は「ネギでネギらう深谷ねぎらいの日」らしい。

勤労感謝の日に、大切な人へ労い(ねぎらい)の気持ちを込めて「深谷ネギ」を送りませんか?とパンフに書いてあった😄

いいね!ネギで労う。

 

食後、論語の里循環バスの最終バスに乗り、深谷駅北口で下車。

f:id:kannonta:20211002230846j:image

渋沢栄一からくり時計。

指定された時間に、ふっかちゃんに代わって渋沢栄一翁が出てくると思われるが、今日は日帰り旅行のため、ふっかちゃんだけ見て高崎線に飛び乗った。

深谷はかなり遠かった。

 

歩数計 11553 歩

大河ドラマも明治時代に突入し、国のために明治政府に仕える栄一の活躍が益々楽しみになってきた一日だった。

f:id:kannonta:20211002232149j:image

神奈川県立津久井湖城山公園

f:id:kannonta:20210923181213j:image

秋分の日。

非常に天気が良いので、神奈川県相模原市緑区にある津久井湖を訪れてみた。

f:id:kannonta:20210923181529j:image

城山ダム、今日も立派だ。

久しぶりに遠くにきたなあ。

f:id:kannonta:20210923181725j:image

城山は、かつて津久井城と呼ばれる山城だった。

戦国時代には小田原北条氏に仕えた内藤氏が城主を務めた。

天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めに伴い落城。

(公園ガイドマップから抜すい)

 

パークセンターから歩き始めるのが通常のようだが、津久井湖観光センター前から城山山頂を目指した。

f:id:kannonta:20210923182442j:image

ツクツクポウシの鳴き声に包まれながら、山頂を目指す!

f:id:kannonta:20210923182757j:image

あら、こちらの登山道は令和元年(2019)の台風により土砂崩れで通行止めのままだ😮‍💨

当面の間って言うけど、令和3年もあと3ヶ月で終わるのに、いつ復旧するのだろうか。

f:id:kannonta:20210923183037j:image

1.3キロならなんとか登れそう。

f:id:kannonta:20210923183157j:image

あれ。だいぶ道が細い。結構大変💦

運動不足を痛感する。

f:id:kannonta:20210923183410j:image

家老屋敷。

戦国時代のものと見られる石垣が見られるらしいが、現地を見てもよくわからなかった。

f:id:kannonta:20210923183841j:image

太鼓曲輪(たいこくるわ)

うーん。よくわからない🤷‍♂️

f:id:kannonta:20210923184214j:image

尾根を掘り込んで敵を防ぐ防御施設の堀切(ほりきり)。

気をつけて歩かないと滑りそう。

f:id:kannonta:20210923184429j:image

案内板発見!やっと山頂に着いた!

息切れがひどい💦

f:id:kannonta:20210923184653j:image

築井古城記念碑。

家臣の子孫が江戸時代に建てたらしい。

f:id:kannonta:20210923184836j:image

本城曲輪。津久井湖の中心だ。

案内板にはとても堅固な作りになっている、と書かれていた。

f:id:kannonta:20210923185006j:image

山頂(375m)から見える津久井湖

よく登ってきたなぁ、自分。

ここで飲むペットボトルのぬるいお茶は非常に美味しかった。

f:id:kannonta:20210923185502j:image

ヒガンバナも美しい。

f:id:kannonta:20210923185831j:image

樹齢900年を誇った大杉跡。城山を長い間見守ってきたご神木の跡。

平成25年(2013)の落雷で焼失。

f:id:kannonta:20210923190249j:image

水が白く濁っているので、城兵が刀を研いだという言い伝えがある宝ヶ池。枯れないらしい。

f:id:kannonta:20210923190544j:image

鷹射場(たかうちば)へ行く途中にも堀切があった。こちらの堀切は、鎖を握って下りていかないと滑ってしまいそうだった💦

f:id:kannonta:20210923190909j:image

鷹射場からは首都圏を望むことができる。

天気の良い空気が澄んだ日には、橋本駅の奥に東京スカイツリーが見えるらしい。

今日は暑くて、空気が淀んでいるような気がした。

ここで、かなりクタクタ。

お茶を飲んで、パークセンターに向けて下りることにした。

f:id:kannonta:20210923191406j:image

展望広場から、城主内藤氏の居館跡がみえる。

向こうの山は丹沢。

f:id:kannonta:20210923191842j:image

パークセンターにやっと着いた。

来園者用の駐車場は満車だ。

自販機のコカ・コーラが冷たくて美味しい。

f:id:kannonta:20210923192438j:image

根小屋諏訪神社

こちらには名木百選のスギがあるらしいが、疲労し過ぎで中に入るのは断念。

運動不足の自分が情けない。

f:id:kannonta:20210923192755j:image

やっとバス停に着いた。ベンチがあって助かった。

 

歩数計 14441歩

ヘトヘト💦

五輪モニュメント@横浜赤レンガパーク

f:id:kannonta:20210805213121j:image

7月21日から東京オリンピックが開催されているが、実はほとんど観戦していない。

しかし、横浜の赤レンガパークに五輪モニュメントがあることをニュースで知り、気温も人出も落ち着くと見込まれる平日夕方に見に行ってみた。

f:id:kannonta:20210805211903j:image

象の鼻パークから臨む大桟橋とクルーズ客船の飛鳥II。

飛鳥II、キラキラ⭐️している。

f:id:kannonta:20210805212429j:image

大桟橋の右側にはベイブリッジも見える。

それほど暑くもなく、人もまばらで歩きやすい。

f:id:kannonta:20210805212524j:image

五輪モニュメントがある赤レンガパークが見えた。ここには人が少しいた。

f:id:kannonta:20210805212835j:image

五輪モニュメント前に到着😄

人を避けて飛鳥IIと共に撮影してみた。

大きくて立派なモニュメントだ。

f:id:kannonta:20210805213228j:image

それにしても巨大だ。圧倒される。

夕空が美しい。

f:id:kannonta:20210805223246j:image

五輪モニュメント側から見る空も燃えています!

f:id:kannonta:20210805223519j:image

赤レンガ倉庫近くにはこんな作品が設置されていた🤭

カモメハープ という名の作品。

一般社団法人横浜青年会議所の創立50周年(2001年)記念事業として公募されたデザインの中から選ばれた最優秀作品をもとにつくられたそうだ。横浜青年会議所という団体は知らないが、そこが横浜市に寄贈したらしい。

カモメがハープを奏でているのかな。

f:id:kannonta:20210805224055j:image

赤レンガ倉庫とランドマークタワー

なんとなく、異国にいる気分を味わえた。

f:id:kannonta:20210805224540j:image

ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

まさに遊園地のアトラクションだ。ピカっと光っている。

f:id:kannonta:20210805224636j:image

左下の船は観光船のようだ。派手だ。

だいぶ日が暮れてきたので、桜木町駅から帰途についた。

歩数計 7254歩

小机城址市民の森

f:id:kannonta:20210731165315j:image

今日は、横浜市港北区小机町にある、小机城址市民の森を訪問した。

神奈川県の感染者数は、昨日は過去最多となる1418人だったので、人流が活発になる昼間を避けて、朝6時過ぎにJR小机駅に到着した。

f:id:kannonta:20210731124140j:image

駅にあった案内。非常にわかりやすい。

ふむふむ🤔 雲松院も見所なのか。

雲松院といえば、俳優の内野聖陽さんの実家だ。

ドラマ「きのう何食べた?」の内野さん、非常によかった(上から目線ですみません)。

f:id:kannonta:20210731124643j:image

歴史を感じる山門だ。

小机城の城主であった小田原北条家の家老笠原越前守信為が主君北条早雲と亡父能登守信隆の菩提を弔うために建立した、とのこと。

約500年くらい前に建立されたらしい。

以下、雲松院の公式ページから抜粋。

『北条の歴史書である「小田原衆所領役帳」によれば「大永四年(一五二四)氏綱が江戸城を攻撃しての帰り、この小机の地を通りかかって、当時廃城となっていた小机城の修復を命じ、そこに笠原越前守信為とその子康景を城代として置く」と書かれており笠原氏と小机の関係はこの時から生じる。

笠原氏は当時、伊豆戸倉の城主だったというが、新しく移った小机城はその所領十八万石といわれ、陪臣ながら戦国の英雄織田信長の最初のころの所領などと比べるとずっと大きな大名である。

新領主となった笠原氏は、当時の武将の間で深く信仰されていた曹洞宗の熱心な信徒であったので旧領戸倉に近い静岡県榛原郡榛原町の石雲院七哲の一人季雲永岳に頼み、その弟子天叟須孝和尚を招いて雲松院の開山とした。』

f:id:kannonta:20210731130232j:image

横浜市指定有形文化財「雲松院本堂」

f:id:kannonta:20210731130444j:image

横浜市地域史跡指定「旗本笠原家の墓所

現在笠原氏とは檀信徒の関係は失われている、とのこと。

f:id:kannonta:20210731131827j:image

笠原家の墓所から見える風景。

本堂の右側に、日産スタジアムが見える。

今日も暑くなりそうだ💦

f:id:kannonta:20210731132220j:image

小机辻を右折した先にあった電信柱。

わかりやすい道案内だ。

JR横浜線の線路を渡って左折すれば、まもなく小机城址市民の森に到着する。

f:id:kannonta:20210731132514j:image

小机駅から徒歩約15分の場所にある。

f:id:kannonta:20210731132649j:image

小机城址市民の森の入口にあった、根古谷(ねこや)広場。

小机城は、戦国時代に北条氏が縄張りを整備した標高42m(比高22m)の平山城で、当初の築城年代や築城者は不明。

1524年には小机城主として北条氏堯(北条氏尭)が任じられたが、まだ2歳だったので、小机城代として笠原信為が入り、大改修を行い前線拠点として整備されたそうだ。

その後は北条時長、北条氏堯、北条氏政の弟・北条三郎、北条氏光などが城主を歴任するが、実質的には笠原氏が城代としてまとめ続けたらしい。
1590年、豊臣秀吉の小田原攻めの際には、小机城主は笠原虎千代だったが、小机城を放棄して、ほぼ全員が小田原城へ籠城し、豊臣勢は小机城には攻撃すら行かなかったようである。
その後、徳川家康が関東に入ると、小机城は廃城となった。

f:id:kannonta:20210731134442j:image

公園としてきれいに整備されており、竹林が美しく、目に優しい。

f:id:kannonta:20210731134600j:image

寺尾城址茅ヶ崎城址でも見たが、ここの空堀(からぼり)が一番わかりやすかった。

f:id:kannonta:20210731134853j:image

土塁も写真にするとイマイチだが、土で築き上げた防備壁の様子がよくわかった。

小机城址、保存状態が非常に良い。さすが、続日本名城100選だ。

f:id:kannonta:20210731135657j:image

二の丸広場。

現在地は二の丸と呼ばれているが、資料不足のため、明確に二の丸と断言できない、とのこと。

f:id:kannonta:20210731135902j:image

本丸広場入口。

こちらも城址の調査等実績の少ない小机城については現在地が本丸跡とは断定できないらしい。

 

まだ朝7時だが、汗が止まらない💦

人はいないが、蚊に刺されまくる😭

f:id:kannonta:20210731140525j:image

市民の森の西側に富士塚があり、その富士塚頂上の富士仙元の石塔を見に行くことにした。

f:id:kannonta:20210731140908j:image

小机城は第三京浜が南北に走り、東西に分断されてしまった。

f:id:kannonta:20210731141230j:image

第三京浜の下のトンネルを抜けた先のこの急な階段を上っていく💦

f:id:kannonta:20210731141400j:image

階段を上って行くと、第三京浜を見下ろす事ができる。

奥に日産スタジアムと新横浜プリンスホテルが見える。暑い💦暑すぎる。早朝なのに。

f:id:kannonta:20210731141600j:image

富士仙元の石塔。なんとか見つけらた。

小机城址市民の森、蚊に刺されまくったが、整備されていて良い所だった。

f:id:kannonta:20210731141849j:image

小机駅に戻る途中で見た看板。

かなり古いが、土地が第三京浜で分断されている事がよくわかる。

暑くて仕方ないが、まだ朝早い時間帯なので、タオルを首に巻いて新横浜駅まで散歩を継続することとした。

f:id:kannonta:20210731143118j:image

東京オリンピック2020の会場、日産スタジアム。人はほとんどいない。

周囲にはランニングしている人や警察官がいたが、中には入れない。

f:id:kannonta:20210731143254j:image

スタジアム脇できれいに咲いていた。

ソルボンヌというユリの花か?

f:id:kannonta:20210731143823j:image

カフェミラノ新横浜でモーニングフレンチトースト(530円)を食べた。

ここで時刻は朝8時。

f:id:kannonta:20210731144657j:image

散歩のゴールは、横浜アリーナとした。

医療従事者の皆様、アリがとう。

 

歩数計 12607歩

人が出歩く前に急いで帰宅した。

暑かった💦

みなとみらいのロープウェイを見に行く

f:id:kannonta:20210725175258j:image

7月23日に東京2020オリンピックが始まったが、どこにも行くことができない。

コロナ陽性者が減る様子が見られないからだ。

こんなに暑いと外出も憚られるが、歩数計のカウントを稼ぐために、今年4月に運行開始された都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」に乗ってみようか、と思い立った。

f:id:kannonta:20210725180409j:image

本日のみなとみらいは快晴。しかも気温34℃。汗が噴き出してくる💦

この写真の右下からロープウェイは出発している。

f:id:kannonta:20210725181226j:image

ここが桜木町駅から出るロープウェイ乗り場。

すぐそばにランドマークタワーもある。

こちらから沢山の人が乗るので、私は反対側の運河パーク駅から乗ってみることにした。

このロープウェイは、移動手段というよりは遊園地のアトラクションなので、運賃もアトラクション値段(片道1000円)である。

運河パーク駅までは600m強程度なので、十分に徒歩で行くことができる。

f:id:kannonta:20210725181701j:image

車道のすぐ上を通過していく。

f:id:kannonta:20210725181405j:image

汽車道の脇をゆったりと通過していく。

f:id:kannonta:20210725181919j:image

運河パーク駅に着いた。

f:id:kannonta:20210725182002j:image

アトラクションの値段と思えば適正価格のような気がしてきた。

f:id:kannonta:20210725182044j:image

ロープウェイ本体。

コロナ禍のため、他の人と相席?にならなくて良いようだ。ひとりで乗れるなら1000円でもいいか。

f:id:kannonta:20210725182215j:image

えっ!?20分待ちですと?

桜木町駅まで10分弱で歩ける距離なのに、20分も待つのは辛い。

ということで、ロープウェイに乗ることをやめた。

平日の20時までやってるのであれば、平日の夜に乗りにこよう、ひとりで。

歩数を稼ぐためにもう少し散歩継続💦💦💦

f:id:kannonta:20210725182623j:image

赤レンガ倉庫とベイブリッジ

相変わらずの写真映え、いい。

f:id:kannonta:20210725183025j:image

お。なんだなんだ、神奈川県警本部の前の空き地で何か工事しているぞ🤔

f:id:kannonta:20210725183125j:image

横浜みなとみらい21地区 新港地区9街区 国土交通省の15官署が入居する「横浜地方合同庁舎(仮称)整備等事業」 

15官署の内訳は、「(1)神奈川行政評価事務所、(2)横浜地方検察庁分室、(3)横浜保護観察所、(4)東京入国管理局横浜支局、(5)横浜税関(管理予定官署)、(6)東京国税不服審判所横浜支所、(7)横浜中税務署、(8)横浜検疫所、(9)横浜公共職業安定所、(10)植物防疫所研修センター、(11)横浜通商事務所、(12)横浜国道事務所、(13)京浜港湾事務所、(14)横浜営繕事務所、(15)東京湾海上交通センター」とのこと。

PFI事業で建設。すごいな、このコロナ禍で。

すごいな、しか感想が出てこない。

f:id:kannonta:20210725183310j:image

未来を建設中か。暑くて中を覗く気力ゼロ💦

f:id:kannonta:20210725183808j:image

赤レンガ倉庫に続く道に咲くひまわりの花。

夏だな。暑い💦

f:id:kannonta:20210725184601j:image

赤レンガ倉庫付近に着いた。散歩のゴール!

こちらは遠目に見ても混んでいるのが伝わってきたので、近づくことをやめた。

f:id:kannonta:20210725184755j:image

台湾フェスティバルを開催中のようだ。

可能であれば、平日の夜に見に来てみたい。

歩数計 10213歩

f:id:kannonta:20210725184949j:image

別日に撮影したみなとみらい。

このくらいの時間帯であれば、並ばずにロープウェイに乗れるかもしれない。

密を避けて行動するのはなかなか難しい。

f:id:kannonta:20210725185643j:image

本日は外食はしなかった。

そのかわりに、崎陽軒の幕の内弁当(1080円)を購入した。

崎陽軒のシウマイは定期的に食べたくなる。

ワクチン接種が進み、一日も早く旅行ができる世の中になりますように。

茅ヶ崎城〜茅ヶ崎城址公園〜→正覚寺→茅ヶ崎公園自然生態園

5月29日に横浜の紫陽花寺「正覚寺」を訪れたが、今日はそこのすぐそばにある茅ヶ崎城址公園に行ってみた。

f:id:kannonta:20210717155453j:image

神奈川県で茅ヶ崎といえば、湘南のイメージだが、ここは横浜市都筑区である。

なので、近くに海はない。

この茅ヶ崎城、正確な築城年代は分かっていない。

現在は、おそらく後北条氏(戦国時代)による築城だろうと考えられているようだ。

茅ヶ崎一帯は小机衆の一員である座間氏の所領だったことから、茅ヶ崎城は小机城の支城であったと思われる。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐に際し、後北条氏滅亡と共に廃城となったらしい。

f:id:kannonta:20210717161141j:image

築城当時の姿を良好な形で残す市域唯一の中世城郭の貴重な遺跡として、公園部分25000㎡が横浜市の指定遺跡に認定された。

 

港北ニュータウンには遺跡がいっぱいあって驚く。

f:id:kannonta:20210717161751j:image

平成20年(2008年)に整備されたこの城址公園には、東・西・北・中の各郭(居住区域)、空堀、土塁、土橋などの、城を構成するものの解説板やトイレなどが整備されている。

f:id:kannonta:20210717162524j:image

高い木々に囲まれ、地下鉄の駅のすぐ近くにいるとは思えないほどの静かさだ。

歩いている人がほとんどいない。

茅ヶ崎城は山城(やまじろ)のため、尾根をスパッと断ち切った堀で作られている。

複数の郭(くるわ)で構成されていて、天守閣のような大きな建物や石垣は無かったらしい。

f:id:kannonta:20210717162823j:image

西廓(にしくるわ)

カラスが巣を作っているので注意喚起のチラシが貼られている。

f:id:kannonta:20210717163038j:image

根小屋(ねごや)

この時代の城主は普段は本丸や主郭(しゅかく)に居住せず、廓(くるわ)の麓に作られた根小屋で生活し、いざ戦となった時にのみ、城にこもった、とのこと。

f:id:kannonta:20210717163547j:image

東廓(ひがしくるわ)

f:id:kannonta:20210717163022j:image

遺構が残る中廓。一番広い廓だ。

f:id:kannonta:20210717164740j:image

土橋(どばし)

公園から出たところで発見。

堀を掘る時に一部だけ残して橋にしたもの。

土塁(どるい)も見てきたのだが、写真を撮る事を忘れた。

本日の最高気温は32℃で、汗が首元から吹き出してくる💦💦

f:id:kannonta:20210717165928j:image

5月に訪れた正覚寺

f:id:kannonta:20210717170147j:image

もちろん紫陽花は終わっていたが、蓮の花が美しく咲いていた。

f:id:kannonta:20210717170254j:image

シオカラトンボ?詳しくないので間違っていたらごめんなさい。

f:id:kannonta:20210717170535j:image

酷暑だが、散歩を継続して近くにある茅ヶ崎公園自然生態園にも行ってみた。

こちらは、土日祝日のみの開園である。

f:id:kannonta:20210717171001j:image

f:id:kannonta:20210717171104j:image

f:id:kannonta:20210717171135j:image

池や田んぼがある静かな里山

住宅に囲まれた場所だが、鳥の鳴き声に癒される。港北ニュータウンは緑豊かなのだなあ。

f:id:kannonta:20210717171915j:image

先週はオニユリだったが、今週は素敵なやまゆりを見ることができた。

やまゆりは、神奈川県の花だ。

(以下、神奈川県のホームページから抜粋)

「やまゆり」は、県民の皆さんの投票で最高点となり、昭和26年1月に全国に先がけて「県の花」として制定されました。「やまゆり」は、「全美・荘厳」の花ことばで知られる我が国独特の花で、神奈川県の気候風土によく合い、三浦半島津久井地方また丹沢や箱根など県内各地でその美しい花を咲かせ、その気品に満ちた美しい姿が昔から多くの人々に愛されて県の代表となっています。

f:id:kannonta:20210717172042j:image

散歩の後はデザート。

白桃のショートケーキとカフェラテ!

たくさん歩いたので、美味しくいただきました。甘い食べ物にも癒された。

店のトイレの鏡で背中を確認したら、びっしょり濡れていた。

ところで、昨日、神奈川県版緊急事態宣言が発出された。

正直、まん延防止等重点措置と何が違うのかよくわからない。

辛い日がまた延長されたことは確かだ。前向きに生活したいが、正直苦しい。

 

歩数計 11576歩

カワスイ(川崎水族館)を初体験

f:id:kannonta:20210711173409j:image

2020年7月7日にオープンしたカワスイ川崎水族館に行ってきた🙌

川崎市初の水族館であり、日本初の駅前商業施設内の水族館だ。

f:id:kannonta:20210711175255j:image

kirakunist.hatenablog.com

ずっと行きたいなぁと思っていたが、つい最近kirakunist さんのBlogを読んで行きたくてたまらなくなり混み混みの川崎駅を訪れた。

水族館の詳細な説明は、kirakunistさんのプラグに載っているので省略。

ここでは、個人的に 👍 と思った生き物たちをご紹介する。

入口そばの【多摩川ゾーン】は、家族連れで大賑わいだったので写真撮影は遠慮した。

オセアニア•アジアゾーン】

f:id:kannonta:20210711175904j:image

アジアアロワナ

紅い個体は「紅龍」と呼ばれ、最も紅があざやかなアロワナ。自然にはないような、とても鮮やかな色合いだが、品種改良ではなく野生に生息している種類とのこと。

f:id:kannonta:20210711181057j:image

トランスルーセントグラスキャット

スケスケボディのナマズだ😄
ガラスのように透明な体をしていて、骨や内臓が見えるユニークな姿をした魚。

f:id:kannonta:20210711182309j:image

コモンシートフィッシュ

ブルーメタリックな体と平たい口先と大きな目が特徴のナマズだ。

ナマズがいい👍

 

f:id:kannonta:20210711184340j:image

パンタナルエリア】

世界最大級の南アメリカの熱帯湿原を再現。

ネオンテトラなど約8,000匹の小さな生きものが展示されている。

次は【南アメリカ

f:id:kannonta:20210711185422j:image

グリーンイグアナ

水辺を好み、張り出した樹上で生活。巧みに泳ぐことができるため、敵に襲われそうになった際は水に飛び込んで泳いで逃げていく。

f:id:kannonta:20210711185455j:image

コモンマーモセット

耳のフサフサした毛が愛らしい小型のサルの仲間。尻尾が長い。

【アマゾンゾーン】へ向かった。

f:id:kannonta:20210711185134j:image

いたいた!カピバラ😍

有料で餌やりができるらしい。家族連れが行列していた。

 

駅前商業施設の水族館なので、それほど期待せずに行ったが、結構しっかりとした水族館だった。

時間帯によって水槽に出てくる生き物が違うらしく、次回は夜に訪問したい、と思った。モモンガを見たい。

f:id:kannonta:20210711190645j:image

こちらのソラネコカフェにも入ってみたかったが、満席で断念。猫達に会うのも次回の楽しみとしておこう。

 

歩数計 5663歩

〈できる限り人混みを避けて歩いたつもり。〉